[Top Page / 主頁] > [Free MIDI Libraries] > ["蛍の光" フランス様式]

[English](ENG) [Japanese / Nihongo](JPN) [Korean / Han-gug-eo](KOR)

[ 「蛍の光」フランス様式 G-major ]

スコットランド民謡「蛍の光」を元に、 バロック音楽の 「フランス風序曲」 で仕立てました。

[ 解説(^-^) ]

 「フランス風序曲」は、 バロック時代に流行した形式で、 オペラ、 オラトリオ、 組曲などの冒頭楽章、 第1曲として用いられました。 「フランス風序曲」の形式は、 元来、 「緩」-「急」の 2部分からなります。 「緩」の部分は、 付点リズムを用いた荘重な和音進行が特徴で、 「急」の部分はフーガ風な動きが用いられます。 なお、 「急」の部分の最後に、 最初と同じような 「緩」 の部分のコーダが付き、 3部分となっていることもあります。 バッハの4曲の「管弦楽組曲」にでてくる 「序曲」は、 すべてこの3部構成です。 一方、 ヘンデルの「メサイア」の冒頭の 「シンフォニー」や、 バッハの「ゴルトベルク変奏曲」の 第16変奏「序曲」などは、 2部構成のフランス風序曲です。

[ 曲の構成 ]

 今回作成したデータは 「緩-急-緩」の 3部構成に しています。

最初の「緩」の部分は 「蛍の光」を 付点リズムで軽く変形した旋律を用い、 これに3小節の付加部分をつけています。 この部分は反復されます。 「急」の部分は 新たな主題によるフーガになっています。 フーガでも「蛍の光」は71小節、 74小節、 81小節で暗示され、 更に、 後半の101小節からは、 フーガ主題と 「蛍の光」 の旋律とが組み合わされ、 二重フーガになります。 なお、 フーガの中では独奏部と合奏部が 入れ替わり立ち替わり現れ、 「合奏協奏曲」のように進行します。 コーダは再び「緩」の部分に戻り、 「蛍の光」の後半を再現して終了します。

[ 編成 ]

 バロックの「合奏協奏曲」の編成に準じます。 トリオによる独奏群(コンチェルティーノ)と、 弦楽五部の合奏部(リピエーノ)です。


[ 使用音源 ]

Roland SC-88Pro

[ Track Table ]

SC55Map,SC88Map,SC88Pro Mapを用いています。 ただし、 VSC-88で再生したところ、 ほぼこちらの意図通りに再生されましたので、 Roland GS音源なら十分再生可能と思います。

Track table of the MIDI data
Part Track Channel Bank Patch
独奏Vn.1 1 1 SC-55 Map Capital Tones 41 Violin
独奏Vn.2 2 2 SC-55 Map Capital Tones 41 Violin
独奏Vc. 3 3 SC-55 Map Capital Tones 43 Cello
合奏Vn.1 4 4 SC-88pro Map Capital Tones 49 Strings :
合奏Vn.2 5 5 SC-88pro Map Capital Tones 49 Strings :
合奏Vla. 6 6 SC-88pro Map Capital Tones 49 Strings :
合奏Vc. 7 7 SC-88pro Map Capital Tones 49 Strings :
合奏Kb. 8 8 SC-88pro Map Capital Tones 49 Strings :
チェンバロ右手 9 9 SC-88 Map Capital Tones 7 Harpsichord
チェンバロ左手 10 9 SC-88 Map Capital Tones 7 Harpsichord

[ ご注意 ]

ここに掲載したMIDIデータ、 楽譜などを用いる際には、 「Free MIDI Liberaries」 のページの 「掲載データについてのお願い」を 良くお読みください。


MIDIデータ

ご意見、ご感想をメールもしくは掲示板でお聞かせください

[Back] "Free MIDI Libraries"のページに戻る

[Home] Return to Top Page / トップページへ戻る