[Top Page / 主頁] > [音楽ひとりごと] > [大解剖!(笑)インヴェンション第1番(2)]

[English](ENG) [Japanese/Nihongo](JPN) [Korean/Hangug-eo](KOR)

← 前の記事へ 次の記事へ →

大解剖!(笑)インヴェンション第1番(2)

前回に引き続き、 ご顰蹙と怒号にお応えして(爆) 今回は、 インヴェンション第1番の第2部(7~14小節)を調べてみます。 この部分はおよそ第1部(1~6)の 右手と左手を反対にしたような 構成をとっています。

 第1部分(7~10小節)   第1部の第1部分(1~2小節)に対応
 第2部分(11~12小節)  第1部の第2部分(3~4小節)に対応
 第3部分(13~14小節)  第1部の第3部分(5~6小節)に対応

まず、これを押さえてください。 素材の面から見るとこの第2部(7~14小節)は 第1部(1~6小節)のかなり忠実な繰り返しなのです。 でもただ繰り返すだけでは能がありませんね。 実際、 あるフレーズを全く同じに繰り返すのは 「退屈」以外の何物でもありません。 偉大なチェリストであるパブロ・カザルス曰く、

「作品においては全てが許される、 ただ許されないのは退屈であることだ」
(ヴァルター・コルネーダー著/角倉一朗訳 「通奏低音の奏法」p.153,音楽之友社,1987)

おおっと、脇道にそれました・・・(^^;)。 そういう訳なので、 この第2部分では、 「第1部分を繰り返しつつ、 いかに変化が与えられているか」 という点に着目していきたいと思います。 ------- テキストブラウザご利用の方へ、以下では楽譜を画像データとして記載していますが、全てダウンロードできるようにしてあります。ダウンロードしたデータを画像表示プログラムなどでご覧いただければ、内容を把握することができます。-------

調の経過を見てみましょう。 第1部では主調のC-dur(ハ長調)から 属調(Dominant)のG-dur(ト長調)へ転調していました。 この第2部はそれに対して、 G-dur(ト長調)から a-moll(イ短調)へ転調しています。 あれ?第1部と違いますね。 第1部をそのまま繰り返したら G-dur(ト長調)からはD-dur(ニ長調)に 行くはずです・・・。 ウウム、 どこかに巧妙なからくりがある、 そしてその「からくり」が、 第1部の模写であるこの第2部を、 ある意味で第1部と全く違った物にしているのです。

第1部分を見てみます。 第1部の対応する部分 (1~2小節)と比較してみると、 共通点、 相違点がよく分かると思います。

[Invention 2-1 bar 1-2 (Note5.gif 1.33KB)]
[Invention 2-1 bar 7-10 (Note6.gif 3.43KB)]

最初の2小節は、 ほとんど左右ひっくり返した「だけ」ですね。 敢えて違いを探すとすれば、 1~2小節の左手は、 8分音符のオクターブ跳躍がありますが、 7~8小節目の右手には このオクターブ跳躍が無いことです。 1~2小節の左手は、 「低音」としてC-dur(ハ長調)の和音を しっかり確保する必要があったため、 属音Gを跳躍させて強調したのだと思います。 ところが、7~8小節を 全く1~2小節と同じにして、 右手をオクターブ跳躍させると、 高音が騒々しくなり、 左手の主要音形(A)がかき消されてしまいます。 さらにこの部分ではオクターブ跳躍させて属音を強調しても、 もはや何の意味もありません。 (第2小節目の場合、 冒頭の低音にオクターブ跳躍を入れても 上声部の(A)がかき消されると言うことはありません。 低音部と高音部の本質的な性格の違いです。) 何を細かいことを、 とおっしゃるかもしれません、 でも こういうところに注意を払うのも 大切なことだと思います(^-^)。 9~10小節(楽譜で黄色く示した)は 新しく追加された部分です。 この部分は先行する7~8小節と そっくりそのままの構造を持ちつつ、 (A)の反行形(inversion of (A))を導入しています。

この追加された2小節、およびその周辺は、 実に巧妙な構造を持っています。 それを詳細に解剖する前にまず、 これに続く第2部分(11~12小節)を示してみます。

[Invention 2-1 bar.11-12 (Note7.gif 1.37KB)]

これはもう、 第1部の第2部分(3~4小節)の左右の手を 「機械的に」ひっくり返しただけですね。 (前のページの2番目の楽譜をご覧ください) 右手には音形(A)の前半の拡大形がおかれ、 左手には音形(A)の反行形が連続して用いられています。 5度上の調へ転調する経過のしかたも同じです。 第1部ではC-dur(ハ長調)からG-dur(ト長調)へ 転調してますが、 第2部のここでは、d-moll(ニ短調)から a-moll(イ短調)へ転調しています。

 さて、これを踏まえて、 先ほどの2小節の追加の意味を 考えてみることにしましょう。 まず、 調性の面から見るとこの追加2小節で、 G-durからd-mollへの 転調がはかられています。 すなわち、「第1部分」の音形、 構造をもってはいますが、 第1部の第1部分(第1~2小節)、 にみられた「調性の確立」と 言う意味合いは この追加2小節については全く存在していません。 むしろ、 性格的には第1部の第2部分(第3~4小節)に見られた、 「経過的、 展開的」色彩の方が強いのですね。 次に、 以下の楽譜をご覧ください。 この追加2小節の近辺の音形(A)およびその反行形を抽出した物です。

[Invention 2-1 bar.7-11 Sequence of (A) (Note8.gif 3.21KB)

第1部分の4小節間~第2部分の冒頭へ向けて、 音形(A)が次第次第に上昇していく 「連鎖」が見て取られます。

(もし第1部分を忠実に模写すると、 第8小節後半の右手の音形(A)は D(レ)の音から始まる筈なんです。 この「変更」にもお気づきだったでしょうか? 第8小節の後半の右手を 敢えてA(ラ)の音から始めているために、 全体が一本の上昇線になっているんですね)

特に9小節、 10小節、 11小節(第2部文冒頭小節)の左手は、 音形(A)の反行形を1小節ごとに1音ずつ上昇させていますね。 これによって第1部分と第2部分は 非常に強い結びつきを得ているのです。 「追加2小節」の目的の1つとして、 この、 「第1部分と第2部分を強く結びつけること」 を挙げることができます。 こうしてみると「追加2小節」の音形が(A)の正常形ではなくて、 (A)の反行形なのは、 実はあとに続く第2部分への予示でもあった訳なんです。

この、 第7~12小節の部分、 前のページに挙げた第1部の対応部分と比較すると、 以下の特徴をあげることができます。

本ページで取り上げている「第2部」と、 前ページで取り上げた「第1部」、 その音形構造はほとんど一緒なんですが、 性格は両者で大変異なってきています。 第1部分と第2部分の密接な結びつきによって、 本来第1部分が持っていた 「主題呈示、調の確立」という性格は 消え失せ、 第7小~12小節までの全体が 「転調的・経過的」性格、 さらにいうなら「展開部的」な性格を持つことになるのです。 この性格の違いをもたらしたのは 第8小節~第9小節のわずか2小節の挿入、 まさに「マジック」です!

第2部の第3部分は、 以下のようになっています。

[Invention 2-1 bar. 13-14 (Note9.gif 2.53KB)]
左手は、 最後の小節の後半を除くと、 第1部の該当部分 (5~6小節) の右手と全く同じ動きをしています。 これに対する右手は 第1部の該当部分とは ずいぶん異なった動きです。

第1部の該当部分に見られた 32分音符はここには存在していません。 しかし、第1部の該当部分 (5~6小節) とくらべると、 よりこちらのほうが高揚感が 増しているといえます。 16文音符の絶え間ない使用、 および高いh(シ)音の存在です。 両手が16分音符で同時に動くのは 全曲中でここだけです。 また、 ここに出現した高いh音は、 これまでで最高の音位です。 第1部の該当部分も高揚感を増すような形をしていましたが、 こちらのほうが よりクライマックスに相応しい動きと言うことができます。

ここで、 この第2部全体の流れを見てみましょう。

ごらんのとおりです。 外形は第1部の構造を保ちつつも、 各部分の性格の対照性はむしろ薄くなり、 部分間の結びつきが強くなっています。 第2部全体で、 「展開部」の色彩がぐっと強くなっている のがおわかりかと思います。

さあて、次は第3部(第15小節~曲の最後)です・・・、 が、 その前に一息入れましょうか・・・(^-^)。 第3部も色々おもしろい仕掛けがあります。 請うご期待・・・。

※文中の楽譜は "MusicTime Deluxe for Windows 3.1 and 95"((C) 1996 Passport Designs Inc.)にて作成したものを ビットマップ化したものです。

(1998.Nov.11)

← 前の記事へ 次の記事へ →

[Back]「音楽ひとりごと」目次に戻る

ご意見などありましたら、メールまたは掲示板でどうぞ


[Top]Return to Top Page / トップページに戻る